あなたの中古車を10万円高く売る方法

自動車査定にはどれくらいの時間がかかる?

女性ビジネス

実際に車の買取査定をしてもらった人ならわかるかもしれませんが、

まだ自動車査定をしてもらったことがないという人は「実際の査定時にどれくらいの時間がかかるか」気になるでしょう。

業者によって違いもありますし、出張査定か持ち込み査定かによっても時間は変わりますが、だいたい30分から1時間程度の時間を見ていればいいでしょう。

お仕事をされている方の場合、貴重なお休みや夜の時間をとって査定をすることになりますので、ある程度の時間目安を知っているに越したことはありません。

 

査定の流れ

自動車査定を行ってもらうとき、どのような流れで査定がされるのでしょうか。

簡単な流れについて見ていきましょう。

 

[持ち込み査定の場合]

訪問→査定マンの挨拶→査定→査定額の詳細説明→契約の有無→(販売する場合)契約へ

 

[出張査定の場合]

査定日の打ち合わせ→査定マンの訪問→査定マンの挨拶→査定(駐車場スペースなどで行われることがほとんど)→査定詳細の説明→契約の有無→(販売する場合)契約へ

 

持ち込み査定でも出張査定でも、査定の流れに大きな違いはありません。どちらの場合も査定に必要な書類と、実際に販売することを決めてから必要になる書類とが異なってきます。

 

査定をスムーズにするために

自動車買取査定をスムーズに行ってもらうために事前に準備しておく書類があります。

・車検証

・自賠責保険証

この2つを用意しておくと査定がスムーズになります。時間があるときにコピーを取っておくなどしておくとよいでしょう。

 

 

中古車の買取査定は、時間をかけたからといって高額査定になるものでもありません。ポイントを押さえて効率的に査定してもらえるようにしましょう。