あなたの中古車を10万円高く売る方法

自動車税滞納の車は売却できるか

税金

車は所有しているだけで費用がかかります。

維持費と呼ばれるもので、一般的には車検代、自動車税、駐車場代、保険代などがそれにあたります。

その中でも特に査定に関わってくるのが自動車税。

 

今回の記事では、この自動車税と中古車の買取との関連を見ていきましょう。

 

車種によって税額が変わる自動車税

自動車税は車種や総排気量によってその金額が変わります。一般的な乗用車の税額を見ていきましょう。

 

軽自動車:年間7,200円

乗用車:総排気量1トン以下 29,500円

総排気量1トン超え1.5トン以下34,500円

 

一般的な車の場合、上記のような金額となります。自動車税、軽自動車税は毎年4月ほどに請求書が届き、5月末までが納付期限となっています。

支払いを滞納した場合、財産の差し押さえやタイヤロックがかかることもありますので、必ず期限内に支払うようにしましょう!

 

とはいっても、何かしらの事情で自動車税を支払えない人もいるかもしれません。

その場合、滞納をした状態で車の買取をしてもらうことは可能なのでしょうか?

 

 

自動車税未納の場合、買取してもらえない

自動車税を滞納している場合、車の名義変更ができなくなります

自動車税は、その自動車の名義人が一年間の税金をあらかじめ支払うものです。未納になっている場合、名義変更ができない→つまり車の買取をしてもらうことができないという風になってしまいます。

 

自動車税を滞納しないことがまず重要ですが、滞納している人で買い取りをする予定がある場合は、早急に未納額を納付するようにしましょう。

金額や詳細については、所轄の県税事務所で聞くことができます。