あなたの中古車を10万円高く売る方法

小キズや小さな凹みは修理してから査定に出すべき?

2c0a53147da9c003bef2ae499432d712_s

長年車に乗っているとどうしても車の至る所に小さな傷や凹みなどができてしまいます。

これら傷や凹みがある場合、中古車査定の際にマイナス査定になってしまうのでは…と不安に思う方も多いでしょう。

もちろん、傷があるよりない方が査定額は高くなります。

では、これら傷や凹みを事前に修理業者に出してから査定をしたほうがお得なのでしょうか?

今回の記事では、こういった小さな凹みや傷の対策についてご紹介していきたいと思います。

 

査定前にわざわざ修理業者に出す必要はない

中古車の査定額を高くするために、わざわざ修理業者に修理を依頼する必要はありません。

そのからくりは以下のとおりです。

中古車買取業者は、査定する際に傷の修理が必要と感じた場合、その金額を査定額からマイナスして全体の査定額を出します

このときに考えていただきたいのが、一般の人と中古車取り扱い専門業者が修理をする場合に、どちらが安いかということです。

一般的に小売値と卸値が存在するように、自動車業者業界にも卸値、小売値が存在します。

例えば、あなたが一般の修理業者に修理に出した場合、10万円かかるものが、査定業者の場合、卸値に近い金額、または自社工場で格安で修理できるケースが多いため3万円ほどでできるかもしれません。

つまり、自分で修理に出すほうが損という計算になります。

 

市販のコンパウンドで小キズを消す方法

修理業者にわざわざ出す必要はありませんが、最低限の費用で小キズをなくす事ができます。

それがコンパウンドです。一般的な自動車用品店で数百円ほどで販売されています。

これらを利用して、車の状態を良くしておくのはプラスに査定が働く可能性がありおすすめです。

小さなキズが目立つよりは少ないほうが査定マンの印象は良くなります。