あなたの中古車を10万円高く売る方法

ある書類を持っていくと買取金額が上がる?

d38fa8c13e42f8cee29d9cebbe05c8b2_s

中古車の査定をしてもらうとき、ある書類があると、買取査定金額が高くなりやすいという事実をあなたはご存知でしょうか?

人生の中で中古車の査定をしてもらう機会なんてそうそうありませんからほとんどの方が不慣れな状態で査定をしてもらうはずです。

今回ご紹介する方法は「印鑑証明書」をあらかじめ用意しておくことで買取査定額を上げるというちょっと変わった方法。

早速その内容について見ていきましょう。

 

印鑑証明書で査定額が上がる?

印鑑証明書は、査定が終わり実際に買取をしてもらうという段階で必要になります。

その書類をあらかじめ用意しておくことでどうして買取額が上がるのでしょうか?これには、査定マンの心理と大きな関係にあります。

少し話を変えると、こういった車の査定マンはオートオークション(車の中古売買市)などで車を仕入れています。

その際、「流札」「売切」といった専門用語が飛び交います。流札とは、出品者の希望落札価格に満たない車が、売買されずにそのままの状態になっておくことを言います。

それに対して売切は、いくらでもこの車を売るよ、というサインとなります。

査定マンの性質上、この売切というサインが出るとなんとしても手に入れようという心理状態になります。

この印鑑証明書は、売切を示すサインに近い存在と言っていいでしょう。

 

売る気満々であることを示すこと

査定金額を上げるコツとして、査定マンの気分をいかに高めるかというポイントがあります。

印鑑証明書を事前に出しているということは、どこの業者に売るかは決まってないにしても、その車を手放す方向で考えていると思っていただいて構いません。

多少買取額を高くしたところで、中古車の販売には大きな利益が出ますので査定マンとしては問題ないのです。

それよりも、月に決まったノルマを買い取る方を優先します。

 

 

このように、査定マンの心理につけ込んだ買取方法もあります。是非、車を売る際に参考にされてみて下さい。