あなたの中古車を10万円高く売る方法

中古車のオプションはプラス査定?マイナス査定?

オプション

お使いの車にオプションを付けている人もいらっしゃるでしょう。または、車を買った当初からメーカー純正のオプションがついていることもあります。

もちろん、純正車を購入してメーカー外のエアロパーツやホイールなどを付けている人もいることでしょう。

さて、これらのオプションパーツがついた中古車は中古車買取査定にプラスに働くのでしょうか?それともマイナス?

今回の記事では気になるオプション付きカーの査定について考えていきたいと思います。

 

純正オプションパーツ→プラス査定になることが多い

あなたの車についているオプションが純正パーツの場合(カーナビやオーディオなど)、中古車査定の査定にプラスに働くことが多くなっています。

もちろんすべてプラスになるわけではありませんが、純正品というところがキーワードになってきます。

オプションの有無に関わらず、とにかく中古車査定の金額に関わってくるのが中古車市場での流通量や人気となってきます。

人気が高くなりやすいオプションの場合はもちろんプラスに、そうではない場合、よっぽど個性的なオプションを付けている場合を除いてマイナスになることはないでしょう。

 

メーカー外オプション→マイナス査定になることが多い

自分の好みで付けたメーカー外製品のオプションはマイナス評価になることが多いようです。特に、エアロパーツやホイールなどを変えている場合はそういうケースが多くなっています。

メーカー外製品でも上等なオーディオシステムなどを搭載している場合プラス査定になることも。

基本的にはマイナス査定になることが多いということを覚えておきましょう。

 

 

中古車に付けているオプションも時と場合によって査定額に良くも悪くも影響をあたえるようです。