あなたの中古車を10万円高く売る方法

喫煙車両は中古車買取査定で不利になる?

タバコ

近年、喫煙者に対する風当たりが強くなっていますが、喫煙者が乗っていたいわゆる喫煙車両は中古車買取の際に振りになるのでしょうか?

結論から言うと、非喫煙車両に比べて1万円から2万円ほど下がってしまうケースがほとんどになっています。

かといって、自分でできることをやったとしても車の奥底まで染み付いた臭いは業者でないと取り除くことができませんので諦めたほうがいいでしょう。

 

なぜ喫煙車両が安くなる?

 

愛煙家の方からすると納得いかないかもしれませんが、嫌煙家の方が多く存在し、特に臭いが充満しやすい車においては禁煙を徹底している人が多くいます。

そういった人たちは喫煙者が以前のオーナーの中古車を嫌がりますので売れにくくなってしまうのです。

売れにくい車に高い査定がつくことはありません。禁煙車両であれば、愛煙家であっても嫌煙家であっても問題ありません。

買い手の母数が大きく変わるということは査定金額にも大きな影響が出るということです。

 

喫煙であったことを隠してもバレる?

 

査定額が下がることを恐れて喫煙していた事実を隠したとしましょう。

自分なりに精一杯清掃をしてニオイ対策をしたつもりでも、プロの営業マンは簡単に見抜きますのでほぼ隠しても無駄です。

いたずらに印象を悪くするだけなので喫煙していたならしていたで事実をしっかりと伝えるようにしましょう。

もし、あなたが車をよく買い換える人で、買取査定額を少しでも高くしたいと思うなら、車内でタバコを吸うのだけ我慢すれば数万円程度査定額が高くなる可能性があります。