あなたの中古車を10万円高く売る方法

中古車を売るなら中古車業者?ディーラー?

修理

あなたがお持ちの車を売ろうと考えた場合、売る先として大きく「ディーラー」と「中古車業者」の2つがあります。

ディーラーは新車を主に取り扱う業者ですが、最近では広く中古車も扱っています。

中古車業者はその名の通り中古車のみを扱う業者です。

そう考えると、より専門性の高そうな中古車業者に車を売ったほうがお得な気がします。

実はその読みはその通りで、ディーラーに中古車を売っても大した査定額がつかないことがほとんどとなっています。

 

ディーラーの戦略を知る

 

ディーラーが中古車を買い取るとき、ほとんどがセットで新車の購入をつけてきます。そして、買取ではなく下取りと言うかたちで、あなたの車に金額を付けてくることでしょう。

あれこれとうまく営業トークをしてきては、なるべく安い金額であなたの車を下取りしようとしてきます。

ディーラーはこのように安い金額で車を仕入れて、セットで新車を売ることを目的としていますので、純粋にその車の状態を評価してくれることはほとんどありません。

そのため、中古車を販売しようと思ったときは中古車販売業者に依頼したほうが十中八九お得でしょう。

 

中古車業者は怪しい?

 

ディーラーに比べると信頼度の面で中古車販売業者が劣るのももちろん事実です。しかし、査定マンの能力や整備士の能力はほとんどディーラーと変わりません

むしろ、中古車を扱う数が圧倒的にディーラーより多くなっていますので腕前は中古車販売業者の方がいいケースが多くなっています。

ディーラーは「長期保証」や「定期点検」などという付加サービスで信頼を獲得しています。

あとは圧倒的な広告宣伝力です。中小の中古車販売業者には真似出来ない宣伝戦略があるからこその信頼感と考えていいでしょう。