あなたの中古車を10万円高く売る方法

水没車の買取は不可能?買い取ってもらえる業者を探す2つのポイント

冠水

車が水没…なかなかそんな経験することはないかもしれませんが、実際にこういった水害にあってしまったら車はほとんどの場合使い物にならなくなってしまいます。

そうなった場合、車を買い取ってもらうことはおろか、廃車にするのにレッカー代や工賃がかかりむしろお金がかかってしまうケースも珍しくありません。

それでもなんとか車を買い取ってほしい…」そんな人のために、水没した車を買い取ってもらう業者を探すための2つのポイントをご紹介していきたいと思います。

 

水没車の買取は可能?

 

全体的な話で言うと、水没車を買い取ってくれるほどの器量を持った業者はごく少数となります。

しかし、少数ではあるものの買取をしてくれる業者があるのも事実。

では、日本国内ではほとんど再販も期待できない水没車を買い取る理由とは一体何なのでしょうか?

水没車を買い取る業者を見つけるポイントと合わせてご紹介していきたいと思います。

 

ポイント1:海外に流通経路を持っている業者であること

日本車が海外でも高い評価を受けているのは既知のとおりです。しかし、水没車まで買い取ってくれるところがあるのか?と疑問に思う人が多いことでしょう。

さすがに海外でも動く見込みがなければ水没車など購入しません。

ここでひとつ、あまり聞き慣れない言葉を紹介したいと思います。それが「ミズノクルマ」という言葉です。

海外、特に新興国などでよく用いられている言葉で、これは水没した日本車のことを指します。

ミズノクルマは敬遠されるどころか、海外では非常に人気が高い車種となっています。

理由は簡単。通常で仕入れるよりも数分の一の価格で日本車を仕入れることができるからです。

エンジンが壊れていれば海外でそれをフルチェンジします。そうしてでも、日本車を入手したいという海外の業者は数多くあるのです。

こういった背景もあり、日本で水没車を買い取ってくれる業者を探す際には「流通経路として海外とのコネクションがあるところ」を一つの目安にするようにしましょう。

 

ポイント2:海外に自社工場を持っている業者は買取に強い

中古車販売業者の中には海外に自社工場を持っているところもあります。特に日本から至近で人件費の安いアジア圏、中東圏に工場を持っている業者が多くなっています。

日本では人件費や材料費の兼ね合いで修理をすると採算が合わなくなってしまう水没車も、海外だと安く修復できるためニーズが有るケースが多くあります。

海外に工場を持っているかどうかについても調べてみるといいでしょう。