あなたの中古車を10万円高く売る方法

自動車を少しでも高く買い取ってもらうための2つの裏技

雨

自動車買取査定額を少しでも高くしたい…それも正攻法ではなく裏技的な方法で…」とお考えの方に向けて、中古車買取の裏技を2つ、ご紹介していきたいと思います。

正攻法ではありませんので効果がないこともありますが、実践するのはタダですのでチャレンジする価値は十分にあると言っていいでしょう。

これから先、中古車の査定を出す予定の方で、チャレンジングな精神の持ち主の方はこの2つの裏技を是非実践されてみて下さい。

 

裏技1:雨の日査定

 

天候が悪い日に車の査定を依頼するようにします。これが買取査定の金額と何の関係があるのかという声が聞こえてきそうですが、買取業者とその営業マンの心理をついた作戦となります。

一般的な飲食店でイメージするとわかりやすいかもしれません。雨の日と晴れの日、一体どちらがお客さんの入りがいいでしょうか?

よっぽど特異なケースをのぞいて、そのほとんどのお店が晴れの日の方がお客さんが多く入るはずです。

雨が降ると客足がどうしても悪くなるのはなにも飲食業界に限った話ではありません。中古車査定の業界も同じです。

そのため、雨の日になると業者側、特に営業マンがノルマ達成のために躍起になって買い取りをすることが稀にあります

ここを突く作戦とお考えいただくといいでしょう。

 

裏技2:あえて汚れたまま査定に出す?

 

一般的に車はきれいな状態にして査定に出すという人が多いでしょう。

しかし、これをあえて汚い状態で査定に出すという方法があります。なぜ、こういった方法を取るかというと、汚れにより、小さなキズなどをごまかすことができるからです。

かなり高度な戦術になりますが、これにより本来あったらマイナス査定が入るところが評価されなくなるという可能性が出てきます。